金木犀花茶(15g)

コップの中で楽しむ、
秋の香り

夏が終わり、少し涼しくなった頃、
どこからかほんのり漂う金木犀の香り。
丁寧に集めた花の香りが残るように、
じっくり低温乾燥してお茶にしました。
金木犀のお茶で秋の香りを楽しむ。
内容量:15g

CATEGORY
¥ 1,944

※表示価格はすべて税込みです

商品の特長

fuachaの金木犀花茶は、桂林産の桂花を使用。

金木犀は、中国語で桂花といいます。
中国で、桂花の最も有名な産地「広西桂林」です。桂林の名前の由来にもなっています。桂花の樹木の林が多いから、桂林という名前をつけられました。桂林市の市花にもなっています。

桂花は元々古代宮廷の点心に使われる高級食材でした。桂花シロップ、桂花餅、桂花酒などがあります。お茶に使われるときも、茶葉に数粒混ぜて、香りづけするように使用されていました。

fuachaの金木犀花茶はお茶葉を一切使わずに、高価の桂林桂花のみを使用した花茶です。

fuachaの金木犀花茶はここが違う

1. 産地


fuachaの金木犀は、「桂花」の生まれ故郷「桂林」産桂花を使用。濃厚な色、豊かな香りが特徴です。

 2.摘み取り時期と方法


fuachaの金木犀花は、言葉通り「手」で集めています。満開の時期に、長い棒で軽くたたいて花を落とします。

 3.摘みたてで、真空低温乾燥


生の金木犀は熱に弱く、高温を充てると、香が飛んでしまいます。fuachaの金木犀花は、摘んですぐに、低温乾燥機にかけ、乾燥させます。産地で加工しているからできることです。

 4.機械+人の手で選別し、綺麗な花だけを残す

fuachaの金木犀花は手で花を落としています。そのため、小枝や葉っぱなどのゴミが混ざってしまいます。機械に5回かけて、ゴミを除去し、更に人の手で選別して花だけを残します。

5.無添加

fuachaの金木犀花茶は、香料、添加剤は一切使用していません。

 6.ノンカフェイン

金木犀の花のみを使用し、茶葉は一切入っていないので、ノンカフェインです。いつでもどなたでも楽しめます。

 中国と桂花のお話

金木犀は中国語で桂花といいます。中国語では「桂」と「貴」が同じ発音になります。そのため、桂花は貴花ともいわれ、皇族や貴族が好んで食するものです。古代の宮廷料理では、「桂花餅」と呼ばれる点心がありました。

 
桂花は熱帯気候を好むため、中国国内では栽培地域が少ない。また、花が細かいため、摘み取りは手作業で行うため、今でも、食材としてとても高価なものです。

漢方では、桂花は身体を温め、寒さを追い出す力があると言われています。痰や咳にも良い働きを持ち、また、胃や肝臓の働きを助けるなどの作用があり、晩秋の養生茶にお勧めです。
何よりも、あの甘~い香、老若男女問わず、みなさんに好かれますね。

金木犀花茶(15g)

コップの中で楽しむ、
秋の香り

夏が終わり、少し涼しくなった頃、
どこからかほんのり漂う金木犀の香り。
丁寧に集めた花の香りが残るように、
じっくり低温乾燥してお茶にしました。
金木犀のお茶で秋の香りを楽しむ。
内容量:15g

CATEGORY
¥ 1,944

※表示価格はすべて税込みです

  • 配送料

    全国一律 500円 ※定期便は送料無料

  • 発送方法

    宅急便による発送

  • 返品・交換条件

    不良品のみ返品可能。商品到着日から7日間以内とさせていただきます。 食品のためお客様の都合によるご返品はご対応できかねます。予めご了承ください。